国産ナツメ

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 定形外

    全国一律 350円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

中国では「一日食三棗、終生不顕老」ということわざがあるほど、古くから使われている薬膳素材です。
「万葉集」の歌にその名が出てきています。
和名は、「夏芽(なつめ)」で、これは夏に新芽が生えることに由来しています。 棗の木は10~15mで、初夏になると、淡い黄色の花が咲きます。
9月頃にがなり、成熟すると赤みを増していきます。
なお、「なつめやし=デーツ」は南国の地域に多いヤシ科の常緑樹であって、全く違うものです。 中国や韓国では、薬膳素材やおやつとして 中国では棗(なつめ)を乾燥させたものをお粥やお菓子などに良く使われています。
日本のお祭りでは、シロップや飴などでコーティングした「りんご飴」が良く見受けられますが、 棗の本場である、ウイグル自治区のお祭りでは、「棗飴」が売られています。
韓国では、薬膳料理で良く使われていて、サムゲタンに良く用いられています。

通報する